いちご狩り~春のいちごの食べ方~

いちご狩り千葉_いちごの杜

春はいちごの季節

いちご狩り千葉_いちごの杜

いちごは本来、春に実をつける植物です。

春になると外の植物達は元気になってきます。日差しがだんだん強くなり、暖かくなってきますからね。

いちごも温室内ではなく、外の環境で栽培すれば、春に実をつけます。

お日様は本当に、ありがたいです。

温室内の環境は冬でも春に近い環境にすることによって、いちごが実をつけます。

本来、春に元気ないちごですが、温室内のいちごは少し環境が違ってきます。

4月になると、外気温が20℃を超えてくる日が出てきます。外気が20℃を超えてくると、温室内は25℃~26℃くらいになる時も。温室内は初夏ですね。

いちごは、まだまだ元気一杯ですが、果実(苺の実)が傷みやすくなります。

いちごがりのお客様はご注意を!

いちご狩り千葉_いちごの杜

このように傷んでいる苺があったりします。

暖か過ぎて完熟してからの傷みが早いです。

毎日、傷んだ苺を取り除いていますが、間に合わないこともありますので、食べないでください。

お子様もご注意を!

春のいちご狩り ~いちごの食べ時は?~

わたしたちの温室で栽培しているいちごは、主に『章姫』と『紅ほっぺ』の2種類です。

品種的に『章姫』は柔らかく、甘くスッキリした味。『紅ほっぺ』は硬めで甘酸っぱくシッカリした味です。

本来は完熟して真っ赤ないちごを食べるのが、一番美味しいのは当たり前なのですが、

春になって温室内が暖かくなってくると、食べ方に少しコツがあります。

 

① 今の時期『章姫』の食べ時は?

いちご狩り千葉_いちごの杜

この時期、『章姫』は少し早め、まだいちごの肩のあたりが、白いくらいで食べるといいと思います。

歯ごたえがしっかりしていて、食感とジューシーさが爽快です。

② 『紅ほっぺ』の食べ方は?

紅ほっぺは硬い品種なので、完熟して真っ赤ないちごを選びましょう。

熟しても食感はシッカリ!味も濃厚です!

暖かく春めいてきました。いちご狩りの温室の中も春が一杯です。 元気ないちご達の中で、春を満喫してください!

 

友だち追加

LINE登録お願いします。LINEではお得ないちご狩り情報やプレゼント情報をお知らせします。

 

 

 

 

いちごの直売所あります

色々ないちご